レオのブログ

アーリーリタイヤしたアラフィフ(アラ還?)です。フォロー宜しくお願いします。

ウラジオストクで、一週間を過ごす。

こんにちは、

ロシアに着いて昨日で1週間、今までウラジオストクで過ごしたけど、予想に反して全く問題なし。


おそロシアのイメージがあったんで来る前は色々と心配してたけど 、人当たりは良くて思っていたよりも英語は通じるし、フリーwifiのスポットも多くて困ったときはgoogleのmapと翻訳で解決。

 

観光の相談で旅行代理店に立ち寄ると、笑顔が素敵な女性。ルースキー島を勧めてもらったけど、ガイド付で2000㍔ 。私が泊まるゲストハウスは一泊700㍔、予算オーバーだったんで断ると、42㍔で行けるローカルバスでの行き方や、地図をプリン トアウトしてくれます。でも道は危険だし、何か困ったときは電話して下さいと名刺までくれました。なんと優しい!

 

 


この旅行代理店では金角湾クルーズも1500㍔なので、ウラジオストクに来たときは是非寄ってみて下さい!


ルースキー島はソ連時代は軍事基地でロシア人も立ち入り禁止区域だった場所らしく、自然が豊富に残っており岬まで歩くと断崖絶壁の絶景。古い要塞も見学できて、なかなか良かったです。まだ観光地化されてなないので未整備の悪路を往復2時間ぐらい歩きます。

 

 

途中に夏は海水浴場になるような場所があり、海の家のような小屋が建っているが、10月末の時期は当然閉まってます。しかし海には泳ぐ人を発見!その近くでは学生らしい若者がバイキングの格好をして映画を撮影してました。島の先端に近付くと強い風の中、標高差100mほどの断崖の上、手摺など全く無くて、高所恐怖症の私は下を覗き込めすスリル満点!

 

 


行きは時間が無くてバスを使わず、ロシア版UberのGettを使ったけど便利で安い。約20㎞の移動で500㍔(1000円程)帰りは迷いながらバスを4回乗継いで84㍔(200円弱)ローカルバスに慣れると現地に溶け込んだ感じがします。

 

最初の宿は6泊がGallery&Moreというguesthouseで700㍔/泊だけど、Galleryというだけあってオシャレな外観で、観光客が撮影会っぽいのをやってました。便乗してモデルを頼んで写真を撮らせてもらうと、出来た写真を気に入ってもらえ、アドレスを交換して写真を送ることになりました。

 

 


ここは昨晩は満室だったので、Booking.comで探した宿がHotels Rus。HPの写真ではヨットハーバーが目の前で景色も素晴らしく、評価も高いのに1泊500㍔。しかしgoogle mapで辿り着くも見当たらず。ロシアで初めてトラブル発生!通りがかりの人に聞くも分からず、仕方なく宿に電話しました。英語は通じたけど、道順を電話で理解出来るほど私の会話力無し。1時間ほど彷徨って何とか宿の前まで辿り着くと、心配していたのか、電路を受けてくれた受付の女性が二階の窓から手を振って招いてくれました。。

ウラジオストクは港町なので、神戸や長崎と同じように坂の街で、近くまで来てたのに道が1本筋が違ってただけで、地図で見ると直線距離では20m程の距離なのに、急坂を大きな荷物を背負い、ぐるっと約1kmを昇り降りして疲労困憊。折角夕日の綺麗な宿なのに日没に間に合わず、辿り着いたら真っ暗で残念無念。

 

 

 


今回の大きな目的の一つはシベリア鉄道乗車。無事にチケットも買えたので、今夕からイルクーツクに向かって出発します。

 

 

 


ではでは、皆様も良い一日を